こんにちは
業務課 大西です


先日、友人に誘われて、鳴門で陶芸体験をしてきました!
ろくろを使って、粘土の状態から実際に自分の手でお茶碗やコップが作れるとのこと
そもそも図工や工作の類が苦手な私、まともなものができる気がせず(というかまともに作れなかったらその下手なやつでご飯食べるのとか嫌だなーとか思ってしまい笑)、作りたいものすら浮かばないまま、不安を抱えつつ向かいました

ちなみに陶芸体験をしたのはこちら↓
大谷焼 元山窯 田村陶芸展示館


お店に着くと、まずはお店の陶芸品を見てみてくださいとのこと。
お茶碗やマグカップはたくさん持っているしなあ~、何を作ろうかな~と考えていると、丁度一輪挿しくらいの花瓶を発見!!
お、一輪挿しって持ってないしお部屋にお花を飾るのに丁度良いのでは?と思い、一輪挿しを作ることに決定

ろくろの作業は、最初はまず粘土を上に伸ばしたり、粘土を扱いやすくするための作業からだったんですが、どうやら力が強くはないらしい私、粘土、ビクともせず…笑
レクチャーしてくださる方が、友人と私とに一人に一人ずつついてくれて、次は手をこんな風にして、このくらいの力加減でやってみましょう、といった感じで細かく教えてくださってとてもわかりやすかったです

色付けの作業をして、焼く前の状態がこちら!
IMG_7524
なかなか上手にできてる気が!!


できたらサインを書いてくださいね、といって竹串を渡されたので、
IMG_7525
バーバパパを描いてみました。笑
これで確実に私のって分かりますね!!


焼く作業と、下の方を削って形を整えたり、底の形をつくる作業はお店の方がやってくれるとのことで、完成品の仕上がりは2ヶ月後くらいになるのだとか

出来上がりが楽しみです


細かく教えてもらいながら作れるので、不器用な私でもちゃんと作れました!
(内心、ホッ…(●´ω`●)笑)
お値段が手ごろなのにきちんとしたモノが作れますし、お友達やカップル同士で一緒に行くと良い思い出になると思います
おすすめです ぜひ皆さんも体験してみてください